« ぼく、結婚するわ | トップページ | 気配 »

2009年12月25日 (金)

サンタを見たんで

 わが家にもサンタクロースがやって来ました。息子が目を覚ますと、枕元に大きな袋がありました。「すげえ、サンタが来ちょん」と大はしゃぎ。早速開けると中からは仮面ライダーダブルの変身ベルトが。「やっぱりサンタはすげえなあ。どこのお店も売り切れちょったになあ」と感謝していました。ぼくは妹に感謝しました。

 そのベルトを腰に巻いて息子が言います。「ぼくな、サンタさんをチラッと見たんよ」。えっ、見られた? ドキっとしたぼくは、「ほんと? どんな服を着ちょった?」と平静を装ってたずねました。「赤い服を着てて、ズボンも赤やな。帽子も赤で、服には白いボタンもあったなあ」と息子。「ぼくな、サンタに気付かれんようにチラッと見よったんや」。「そうなんか。やっぱりサンタは赤い服か」。ホッとしたぼくは答えました。夢なのか想像なのか分かりませんが、遠くの国からトナカイのそりに乗ってやって来るサンタクロースに会えてうれしかったようです。

 そして今夜。寝かせつけていると息子が、「クリスマスツリーを付けて寝たら、サンタさんが間違えて今日も来んかなあ」と欲張ります。「来るわけねえわ。絶対に来んけん、いらんこと考えんで早く寝よ」とぼく。「絶対に来ん?」「絶対に来ん。お父さんが言うんやけん、間違いない」。息子は「そうかあ」と言うと、すぐに眠ってしまいました。寝顔を見ながら、この子はいつまでサンタクロースの存在を信じるのかなあ、と考えたりしました。あと4、5年は大丈夫だと思っていますが、さあどうでしょうか?

|

« ぼく、結婚するわ | トップページ | 気配 »

親子の日々」カテゴリの記事

コメント

可愛いねぇheart01
なるべく長い間、サンタさんを信じてくれるような子でいて欲しいと願う反面、サンタは金銭的にも、物理的にも(ばれないように購入したり)年が続きますね。

ま、年に一度の苦労と思って…。

一番の功労者←妹さんのもとにも、お兄さんサンタが訪れたんでしょうね

投稿: K | 2009年12月26日 (土) 21時35分

Kさん

息子にとって楽しい思い出の一つになってくれたらいいなと思っています。
妹には…何も贈っていません。いつも甘えてばかりなので、感謝の気持ちを込めて何かプレゼントした方がいいですね。何がいいか考えてみます。

投稿: 中山カオル | 2009年12月27日 (日) 23時03分

二十歳までがんばれ。

投稿: き | 2009年12月27日 (日) 23時25分

きさん

ハハハ。二十歳まで信じていたら、かなりの天然ですね。そういう人、嫌いじゃないんですけどね。

投稿: 中山カオル | 2009年12月27日 (日) 23時33分

僕の知人の小学6年生の娘さんは、まだサンタを信じているそうで、ある意味心配だといっていました。
信じ続けさせるために、包装や保証書はとって、手縫いの大きな靴下の中に入れるのだとか。
実は子供の方が気を遣って、親のために「信じてるふり」をしてたりして・・・。
うちの子供(6歳)は、朝プレゼントを手に、「サンタがお父さんのベットで寝ている夢を見たよ」と言っていました。
「ある意味本当だねえ・・・」とつい失言しちゃいました。
いつまで信じ続けてくれるか(信じさせることができるか)お互い楽しみですね。

投稿: Black Tree | 2009年12月27日 (日) 23時44分

Black Treeさん

6年生なら、気づいているはずですよね。クラスメートとの話題にのぼるでしょうし。でも親の気持ちを考えて、気づかないふりができる子どもも思いやりがありますね。ただ、ぼくなら正直に言ってもらいたいかなあ(笑)。

投稿: 中山カオル | 2009年12月27日 (日) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/32737517

この記事へのトラックバック一覧です: サンタを見たんで:

« ぼく、結婚するわ | トップページ | 気配 »