« お母さん、なんでおらんの | トップページ | 誰も遊んでくれん »

2010年2月11日 (木)

初めてのバッティングセンター

 ぼくが父から習ったことがあるとすれば、野球くらいでしょうか。父が仕事から帰ってきてから暗くなるまで二人で練習していました。ぼくは大した選手ではありませんでしたが、今でも野球は好きです。それでというわけではありませんが、息子にも何かスポーツをさせたいと考えています。それは野球に限らず、サッカーでもバスケットでも、水泳でも柔道でも空手でも何でもいいと思っています。ぼくが教えられるとすれば、野球くらいなのですが。

 バッティングセンターに行きました。息子は初めてです。そのセンターで一番遅い80キロのゲージに入りました。「まあ、見ちょきよ。お父さんがお手本を見せちゃん」と意気込んだのはいいのですが、久しぶりのためかバットに当たりません。「今日は調子がわりいなあ。それじゃあ、一緒に打つか」とごまかして、息子と一緒にバッドを握りました。一人でも当たらないのに二人だとなおさら当たりません(笑)。息子は隣のゲージでクリーンヒットを連発する人を見て、「お父さん、もういいわ。ぼく一人で打つわ」とぼくを押し出しました。そして一人での1球目。80キロの速球をバットに当て、前に転がしました。息子は「ほらな」と上からの目線でぼくに一べつをくれると、続くボールもかすらせました。ぼくには父親としての威厳がなくなってしまいました。
 息子はバッドに当てたことがうれしかったようで、「お父さん、野球っちおもしれえなあ」と興味を持ったようでした。マシンから投げ込まれる速球を怖がると思っていたのですが、そんな素振りは全く見せませんでした。ぼくよりセンスがあるのかもしれません。

 しかし、そこは子ども。「あ、あそこに電車(でGO!)がある。やらせて、やらせて」とせがみます。バッティング対決で負けたこともあり、100円玉を渡しました。「やっぱり、ぼく、野球より電車が好きやなあ」とマスコンとブレーキのレバーを握っていました。帰りのクルマの中で聞いたところ、将来の夢はやはり電車の運転士だそうです。

|

« お母さん、なんでおらんの | トップページ | 誰も遊んでくれん »

親子の日々」カテゴリの記事

コメント

運動不足の大人より、未経験でも子どものほうが、身体能力は上ってことですかっ?
しかし、ご子息の年齢でも80キロ打てるんだ。そっちにびっくり。私は絶対に無理だな。

何であれ、子どもにはスポーツと、何か夢中になれるものを見つけて欲しいですね。多少押し付けでも。

投稿: K | 2010年2月17日 (水) 01時05分

Kさん

打ったというレベルではないですけどね。ボールが当たってくれたという感じです。ただ、そうやって成功体験を積み上げていけたらいいなと思います。まぐれも運も実力のうちですから。ぼくがそうやってきましたし、息子にとってもそれが自信になっていくだろうと思っています。

投稿: 中山カオル | 2010年2月20日 (土) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/33353314

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのバッティングセンター:

« お母さん、なんでおらんの | トップページ | 誰も遊んでくれん »