« こんな夜もあるさ | トップページ | お母さん、なんでおらんの »

2010年2月 7日 (日)

去年の今ごろ

 別府大分毎日マラソンをテレビで見ました。今年は沿道に行きませんでした。
 昨年の大会は2月1日。息子と西大分のマクドナルド前で声援を送りました。往路の先頭集団を見送った後、マクドナルドで昼食。店内で妻の職場の課長さん、息子の保育所の先生、ぼくの高校時代の友人に会いました。みなさん、観戦に来ていたのでしょう。ぼくらはワンセグ放送で戦況を見ながら、復路でも沿道で選手を応援しました。
 そして、体調を崩して家で寝ていた妻の昼食にハンバーガーを買いました。息子が「お母さんはコーラが好きやけん買っちゃりよ」と言うのでセットにしました。自宅に戻ると息子が「お母さん、お土産で」とベッドまでハンバーガーを持って行きました。妻は「ありがとう。お母さん、うれしいわあ。後で食べるな」と言って、また横になりました。結局、そのハンバーガーに妻が口をつけることはありませんでした。

 この1年。息子と多くの「去年の今ごろ」を話してきました。「去年の今ごろ、お父さんとお母さんとお前でハーモニーランドに行ったなあ」「去年の今ごろ、3人でピクニックしたなあ」…。そして今日も「去年の今ごろ、お父さんとマラソンを見て、お母さんにハンバーガーを買って帰ったなあ」と話しました。息子は「でも、お母さんは食べんやったなあ」と覚えていました。

 これが最後でした。妻が登場する最後の「去年の今ごろ」でした。これからの「去年」には、妻はいません。思い出はこうして過去のものとなっていき、少しずつ色あせていくのでしょうか。そうだとすると、とても悲しいことです。

|

« こんな夜もあるさ | トップページ | お母さん、なんでおらんの »

親子の日々」カテゴリの記事

コメント

ほほぅ。彼女はコーラ好きだったんだ。意外でした。
私たちって、ほんと短い付き合いだったから知らないことが多いです。
話せないのって、さびしいね。

投稿: K | 2010年2月 7日 (日) 23時30分

Kさん

ほとんど飲まないのですが、たまに買ったコーラをおいしそうに飲んでいたことは覚えています。息子は自分が好きなので「コーラにすれば」と言ったのだと思います。

投稿: 中山カオル | 2010年2月10日 (水) 23時19分

思い出は色あせませんよ、こうして話し続けている限り。
ご子息のためにも、これまで以上に話してあげてくださいね。

ただ、何が悲しいって、私たちこちらの世界の生き物は年を取っていくのに、向こうの世界の人たちは年を取らないということと、何度思い返しても、同じセリフしか言ってくれないこと。会話ができないことかなー。そのときに、こっちの世界と向こうの世界の厚い壁を感じます。

思い出はけして色あせない。けど…。

投稿: K | 2010年2月17日 (水) 22時09分

Kさん

思い出は色あせないでほしいのですが、実際には生活に追われ思い出さない日の方が多くなっています。小津安二郎の「東京物語」では、戦争で夫を亡くした原節子が夫を思い出す時間が少なくなっていることに対して「私、ずるいんです」と言っていました。Kさんのおっしゃる通り、向こうの世界の人は年をとらない。一方、ぼくらは年老いていく。仕事で疲れて暮らしに追われて振り返る余裕もなく、です。過去のことになんてかまってられない。それはそれで仕方のないことだと思っています。悲しいことではありますが。
逆に忘れてしまうこと、思い出せないことを罪だと考えるのをやめました。今は息子と前を見て歩いて行こうと考えています。ぼくらが必要としたときに現れてくれる、妻の思い出はそんな存在でもいいのかなと思っています。勝手なんですけどね。
言いたいこと、伝わりますかね。つまり、時の流れに身をまかせるしかないのかなと感じているということです。

投稿: 中山カオル | 2010年2月20日 (土) 23時50分

期せずしてあの場に居合わせ、貴方にそんな事情があった事を想像にも及ばず、ただ自分が抱えている問題に頭を悩ましていた日々でした。
この一年で僕の場合はお互い生きてはいるけれど、各々の場所で暮らす道を選んでしまうコトになった。
新しい職場に移る事を選択し、夫婦別の場所で生きて行く事を選択し、お互いの暮らしには極力興味を持たないよう心掛け、たまに会う時に喧嘩にならないよう気を付けて空っぽな残りの人生にならないようにと願って生きている。
なかなか新しい出会いにもめぐり逢うこともなく、ただ仕事だけは他人の3倍以上こなして希薄な私生活が積み重なっていく毎日です。
高校時代に貴方とコーヒーとおにぎりしか持たずに由布岳に登って、ポカリ持ってけば良かったって後悔したけど、山頂でコーヒーを飲みながらの一服は最高やった…いつも貴方に会う度に密かに思い出し心のなかでホッとして、自分にも思い出というモノがある事に感謝してるんだよね。ありがとう。
気が向いたら、いつかまた由布岳に登ろうぜ!息子連れて今度はポカリを持ってな!!

投稿: YUKIHIRO | 2011年2月 7日 (月) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/33283597

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の今ごろ:

« こんな夜もあるさ | トップページ | お母さん、なんでおらんの »