« 朝食は目玉焼きトーストに | トップページ | 初めてのプロ野球 »

2010年4月30日 (金)

ごめんなさい

 自転車で保育所から帰り着くと、息子が「あんな、いいものがあるんで」とカバンから本を取り出しました。書き込みができる字の練習帳のようです。「これな、保育所でこそっともらったんで」。ぼくは「えっ」と思いました。「それっち、みんなにくれたんやねえんか」と聞きました。息子は「違うよ」。「お前、取ったんか」と問い詰めると息子は、「Sくんも取ったんで」と泣き出しました。
 ぼくは、「返しに行くぞ」と息子をクルマに乗せました。車中で「お父さんはな、人のものを取る子は好かんっち言いよんやろ。お前、夕飯なしや」と叱りました。息子は泣いてばかりです。保育所に着くと3月までの担任の先生がいました。ぼくが謝って返すと、先生は「何か理由があるんやろ。そんなことをする子やないけん、あんまり怒らんで」と息子をかばってくれました。息子はさらに大泣きで息苦しそうでした。

 帰りの車中、息子は「お父さん、ごめんなさい」と謝り続けましたが、ぼくは「もう知らん」と突き放しました。夕食の準備をしている間も「お前なんか知らん。あっち行け」。それでも台所に立っているぼくのところにきて「ごめんなさい」。それを何度、繰り返したでしょうか。ぼくは「もう、人のものを取らんっち約束できるか」と、息子を目を見つめました。「うん。約束する」と息子。「分かった。お母さんに『もう、しません』っち言って来い。お母さんもお空で怒りよんで」と僕が言うと、仏壇に向かって「ごめんなさい」と頭を下げていました。夕飯を食べながら、息子がつぶやきました。「ぼくな、字の練習がしたかったんや」。ぼくが「それやったら、お父さんに言いよ。本屋に行って買っちゃんけん」と言うと、「そうする。ごめんなさい」とまた謝りました。

 息子が大きくなるまでにはいろいろとあるでしょうが、忘れられない事件の一つになりそうです。まだまだ小さいと思っていましたが、育児が次の段階に入ったことを感じました。「一人親だから」と言われないように、親として言うべきはしっかり言っていきたいと思っています。

|

« 朝食は目玉焼きトーストに | トップページ | 初めてのプロ野球 »

親子の日々」カテゴリの記事

コメント

子どもの行動にはすべてその子なりの理由があると思います。叱り付けたい気持ちは押さえて、まずは冷静に行動の理由を聞いて上げることが大切だと思います。今回ナカヤマさんはそれよりも感情が先にたってしまった感があると思います(←気持ちはすっごくわかるけどsweat02)。

盗んだ→ご飯抜きよりも、じっくり話を聞いて話し合うべきかと。でも子どもをおもうあまり、頭ごなしに叱り付けるのもわかる。

私のハニーも、何かで怒って、子どもを風呂場に閉じ込めて電気を消して恐怖をもって反省させようとしてたことがあって…でもそれで子どもが反省するなんて、有り得ないと思うの。むしろ、親に対する恐怖心しか生まれない。恐怖心はやがて、親を見下す心に変わっていくのですが…。
長くなりましたが、力で押さえ付けないでくださいね。いつもは無理だけど、肝心かなめな出来事のときこそ、じっくり話し合って欲しいです。私のように、親を一生恨み続けるような子にはしないでね。

投稿: K | 2010年5月 1日 (土) 08時29分

Kさん

実は、こんな日が来るのではないかと思ってシミュレーションをしていました。頭にゲンコツを落として、玄関に立たせてって。なので、感情的には「ついに来た」と息子の成長を感じていたくらいで、怒りは全くありませんでした。それにしても予定通りにはいきませんね。ゲンコツもできませんでしたし、立たせることもしませんでした。謝った後の夕食では、息子はケロッとしていました。甘い親なのかなと反省しているところです。

おっしゃる通り、話を聞くことの重要性は理解しているつもりです。実際のところ、彼の話を聞くことができるのはぼくしかいませんので。ぼくは彼にとって父親でありながら、ときには母親であり、ときには兄弟でもあります。厳しさとやさしさを併せ持ち、上からはもちろん同じ高さからの視点からも見つめてやれる存在になりたいと思っています。

投稿: 中山カオル | 2010年5月 2日 (日) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/34464075

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんなさい:

« 朝食は目玉焼きトーストに | トップページ | 初めてのプロ野球 »