« 無邪気な質問 | トップページ | 怪物くん »

2010年5月21日 (金)

仮面サイダー

 先日のことですが、「5月病なう」とツイートしてフォロワーさんたちに心配を掛けてしまいました。弱音ツイートはよくないと分かっているのですが、つい漏れてしまって…。2年前とはすっかり変わってしまった暮らしについて、「どうしてこんなことになってしまったのだろう」と考えても仕方のないことを考えてしまっています。

 それと関係があるのか分かりませんが、仕事が終えて保育所に息子を迎えに行くと、そのまま帰宅したくない気分になります。早く帰って夕食の準備をしなければならないのですが、一息入れたいというか、気持ちを切り替える時間がほしいというか。そんな日は息子と海を見に行きます。「これから、お父さんと海に行かん?」「仮面サイダーを買ってくれるならいいよ」。仮面サイダーとはダイドーの自販機で売っている仮面ライダーのベルトが缶に描かれているサイダーのことです。息子はこの缶を集めています。

(お徳用ボックス) 復刻堂 仮面サイダー 350ml×24本 (お徳用ボックス) 復刻堂 仮面サイダー 350ml×24本

Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ほんの10分程度ですが、自転車を停めて海を見ながら二人でサイダーを飲みます。「今日は保育所で何して遊んだん?」「今日はガンバライドごっこや」「へえ、すげえな」。そんな話をしながら(写真)。

Photo

 それから帰って、未だに慣れない包丁を握るのです。

|

« 無邪気な質問 | トップページ | 怪物くん »

親子の日々」カテゴリの記事

コメント

5月病。新社会人のころが懐かしいです。と言っても自分が当時どんなだったかは記憶がないのですが…。

>一息入れたいというか、気持ちを切り替える時間がほしいというか

”一息入れても大丈夫”、という余裕が出てきたということではないでしょうか。
たとえばこれが一年前であれば、そんな欲求を押さえつけて、遮二無二に頑張っていたのでは。

今は息子さんもふたりの暮らしを受け入れて、海で一緒にサイダーを飲んで。それはそれでいい時間かも。


先週末、うちの息子の園の”パパの会”に参加してきました。
会自体は発足して7年くらい経つらしいのですが、もちろん僕は初参加です。
先輩パパの体験談が非常に心に沁みて、聴きながら自分のこれまでを振り返って涙ぐむことも多いでした。

特に参考になった言葉に、ある先輩パパの”頑張りすぎてはいけない”という言葉が。
”「頑として張る」というのは、決していい状態ではない”
”自分を追い詰めずにもっと楽に、「子どもが好きだ」という自然な気持ちで”
”重たいものを運ぶ頑張り方ではなく、自然にいろいろなことができるように” 

きっとそのパパも、子どものためにいろいろと背負ってしまった経験があるに違いありません。

自分の日記にも書きましたが、好きだった女の子から”わたしはひょうひょうとしているむーにゃんさんが好きなんです!”と言われたことがありました。その言葉を最近思い出して、それからは自分の肩の力が少し抜けた気がします。

投稿: むーにゃん | 2010年5月24日 (月) 16時49分

むーにゃんさん

いわゆる5月病とは違うのでしょうが、空を見上げていたら感傷的な気分になってしまって。15年前の新人時代は5月病になる暇もなく、公私ともに動き回っていました。

余裕と言えるかどうか分かりませんが、確かに暮らしのペースはつかめてきたと思います。二人だけの時間は掛けがえがありません。

パパの会の先輩方の言葉は説得力がありますね。「自然な気持ちで」なんて、思いつめたことのある人しか言えないでしょう。頑張りすぎたことのある人でなければ、「頑張りすぎないで」と言えないでしょう。身にしみる言葉です。

ひょうひょうとしているという日記。読ませていただいたとき、お会いしたこともないのに「そうそう」と思ってしまいました(笑)。文章から想像していたむーにゃんさんのイメージとぴったり重なったもので。ぼくもどちらかというと熱い人間ではなく、ひょうひょうとしているタイプ(自己分析!)ですので学ぶところが多いです。

投稿: 中山カオル | 2010年5月25日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/34842041

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面サイダー:

« 無邪気な質問 | トップページ | 怪物くん »