« 補助輪はずして | トップページ | 大工さん »

2010年5月31日 (月)

がんばるは成功のもと

 保育所からの帰りです。いつもように港で仮面サイダーを飲みながら他愛のない話をしていたら、パラパラと雨が降ってきました。「帰るぞ! 早く自転車に乗れ」。雨脚は音を立てて強くなりました。息子は「ビショビショやあ。おもしれー」と大はしゃぎ。「お父さん、もっと真剣にこがんと濡れてしまうで。がんばれー」とも。ぼくは「ようし、がんばるぞー」とペダルをこぐ足に力を入れました。自宅に着くと、親子ともびしょ濡れになっていました。まず二人で風呂に入りました。

 自転車をこぎながら思い出しました。
 一年ほど前のことです。仕事を終えて保育所に息子を迎えに行くと、「駅に連れてって。ぼく、電車が見たい」。「駅は遠いやろ。自転車で行くと大変やわ」とぼくが答えると、「がんばれば行けるわ。お父さん、がんばるは成功のもとで」。「おまえなあ、そんなこと言われたら行くしかなくなるやろ。分かったわ。お父さん、がんばるわ」。そのころは体調がよくなかったのですが、自転車に息子を乗せて駅まで行きました。特急ソニックや貨物列車の通過に「すげえ」と喜ぶ息子を見て、がんばってよかったと思いました。

 それからというもの、一日に一度はこの言葉をつぶやいています。とくにつらいなと感じたとき。ぼくにとっては、何よりも効く魔法の言葉です。弱っちいぼくが何とかここまで来れたのは息子の言葉と笑顔があったからだと思っています。

|

« 補助輪はずして | トップページ | 大工さん »

親子の日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/34983541

この記事へのトラックバック一覧です: がんばるは成功のもと:

« 補助輪はずして | トップページ | 大工さん »