« 2010年7月 | トップページ

2010年8月27日 (金)

天国の電車

 ラジオ体操から帰ってきた息子は、「もう一回寝るわ」と寝室に行きました。しばらくして、朝食の準備ができたので起こしに行くと、何か話していました。
「うんうん、そうな。うん、分かった」
 ぼくが「お前、誰と話しよんのか」と聞くと、「お母さんや」。息子の手には妻の携帯電話がありました。妻の鏡台の引き出しにしまっておいたものでした。「これでな、お母さんと話しよったんや」
 息子は続けました。
「お母さんな、天国の電車に乗っちょんっち。ガタンゴトンっち音がしよん」
「へえ、そうなん。その電車は特急やろか」
 ぼくが聞くと、息子は携帯電話を再び頬にあてました。「もしもし、お母さん。その電車は特急? お父さんが聞きよんのや。…そうな、分かった」
 ぼくの方を見て、うれしそうに言いました。
「あんな、普通列車っち」

 ぼくは「ほら、早く起きてご飯を食べんと保育所に遅れるぞ」と急かしました。
「そうや、お父さん。今日な、保育所の帰りに仮面サイダー買っていい?」
「この前、買ったばかりやろ。そうやな、お母さんは買っていいっち言いよんのか」
 息子は「聞いてみる」と言って電話を持ちました。
「もしもし、お母さん。仮面サイダーを買っていいやろ。…そうでなあ。いいわなあ。うん、ありがとう」
 得意げに続けました。
「ほら、買っていいっち。お母さんが言いよんのやけん、絶対に買わんと悪いわな」

 そして、ベッドから起き上がると、こう言いました。
「あ~あ、本当のお母さんと話してえなあ」
 朝から泣かせる息子です。一日中、この言葉が頭から離れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

R-18

 最近の息子のお気に入りは志村けん扮する「変なおじさん」。それが見たくて『志村けんのだいじょうぶだあ』のDVDを借りてきました。
 10年以上前に放送されたこのシリーズ。なぜか裸の女性が登場するコントが多いのです。ヒットマンのコントではスコープにヌードが映って鼻血を出したり、エレベーターコントでは女性が突然脱ぎ始めたり…。母親がいないこともあるのかもしれませんが、息子は女性の裸に興味があるようで「おっぱいボヨヨンやあ」と言いながら食い入るように見ています。しかし、教育上どうかと思い見るのをやめさせました。
「こんなの見たら悪いわ」とぼく。
「女の裸んぼうが悪いん?」
「そうや。こんなの大人が見るもんや」
「えー、おれ見てえ」
「子どもは見らんでいい」
「じゃあ、何歳になったら見られるん?」
 ぼくが返答に困っていたら、「何歳な?」としつこく聞いてきました。
「そうやな。大人やけん20歳かな。まあ、18歳でもいいわ」
「18歳やな。今5歳やけん、6、7、8、9…。早く18歳にならんかなあ」
 大人になるのが待ち遠しい様子でした。

 性は苦手な分野です(嫌いではありませんが)。どのように教えていけばいいのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

おれ、すげえやろ

 保育所のプールで「顔つけ」の練習をしている息子。自宅の風呂でも毎日、自主練習をしています。

 先日、友人たちと行ったプールでも練習して自信を深めた様子。今夜の風呂では、「お父さん、数えちょってな。おれ、がんばるけん」と言って頭から湯船にもぐりました。「いーち、にーい、さーん」と10まで数えましたが頭を上げません。自己記録更新です。結局、20まで続けました。息子は顔の水を払いながら、「お父さん。おれ、すげえやろ」とうれしそう。「すげえわ。よく、がんばったな」と返すと、「おれな、お父さんがいつもがんばれっち言いよんけん、がんばったんで」と言うではないですか。「お父さんな、お前ががんばりよんところを見ると元気が出るわあ。ありがとうな」と頭をなでてやりました。

 息子の言う通り「がんばるは成功のもと」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

顔を拭かんでいいんで

 息子の保育所では毎日、プール遊びをしています。息子たちの目標は、「顔つけ」ができるようになること。自宅の風呂でも練習しています。昨晩は「おれ、水に顔つけてもタオルで拭かんでいいんで」と湯船に顔をつけました。「ほら、手でこうすれば(タオルは)いらんやろ」。手で顔についた水を払うと、自慢げに言いました。

 水に対する恐怖心は、少しずつですが薄れてきているようです。それでも、まだまだ洗髪にはシャンプーハットが欠かせませんが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ