« R-18 | トップページ

2010年8月27日 (金)

天国の電車

 ラジオ体操から帰ってきた息子は、「もう一回寝るわ」と寝室に行きました。しばらくして、朝食の準備ができたので起こしに行くと、何か話していました。
「うんうん、そうな。うん、分かった」
 ぼくが「お前、誰と話しよんのか」と聞くと、「お母さんや」。息子の手には妻の携帯電話がありました。妻の鏡台の引き出しにしまっておいたものでした。「これでな、お母さんと話しよったんや」
 息子は続けました。
「お母さんな、天国の電車に乗っちょんっち。ガタンゴトンっち音がしよん」
「へえ、そうなん。その電車は特急やろか」
 ぼくが聞くと、息子は携帯電話を再び頬にあてました。「もしもし、お母さん。その電車は特急? お父さんが聞きよんのや。…そうな、分かった」
 ぼくの方を見て、うれしそうに言いました。
「あんな、普通列車っち」

 ぼくは「ほら、早く起きてご飯を食べんと保育所に遅れるぞ」と急かしました。
「そうや、お父さん。今日な、保育所の帰りに仮面サイダー買っていい?」
「この前、買ったばかりやろ。そうやな、お母さんは買っていいっち言いよんのか」
 息子は「聞いてみる」と言って電話を持ちました。
「もしもし、お母さん。仮面サイダーを買っていいやろ。…そうでなあ。いいわなあ。うん、ありがとう」
 得意げに続けました。
「ほら、買っていいっち。お母さんが言いよんのやけん、絶対に買わんと悪いわな」

 そして、ベッドから起き上がると、こう言いました。
「あ~あ、本当のお母さんと話してえなあ」
 朝から泣かせる息子です。一日中、この言葉が頭から離れませんでした。

|

« R-18 | トップページ

親子の日々」カテゴリの記事

mixi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226197/36675270

この記事へのトラックバック一覧です: 天国の電車:

« R-18 | トップページ