2009年11月11日 (水)

叱るということ

 久しぶりに頭に来ることがあったからだろう。遊んでばかりでなかなか夕飯を食べようとしない息子を必要以上に叱ってしまった。自分でもこんなに怒らなくてもいいじゃないかと思ったのだが、やめることができなかった。叱るべきだったとは思うが、自分の感情までもぶつけてしまったことを後悔した。「ごめんなさい。ごめんなさい」と泣き続ける息子を見て、親としての器の小ささをあらためて知った。

 頭に来たのは、会社の後輩がミスをしたということで減給処分になったからだ。ここまで頭に来たのは本当に久しぶりだ。彼の上司数人も監督責任を問われて減給された。ミスの内容について詳しく書かないが、後輩が確認を怠ったため別の人がした間違いを発見できなかったということになっている。もし本当にそうだとしたら、彼の大きなミスだ。ミスは絶対に許されるものではない。深く反省すべきだし、二度と起こさないように対策を講じる必要がある。ミスの起こる得る作業フローをそのままにしておいた上層部の責任も重大だ。彼らが何らかの手を打っていれば、このミスは起きなかったかもしれない。職場全体で大いに反省すべきだろう。
 それにしてもだ。減給処分はないだろうと思う。従業員は遊びで会社に来ているのではない。お金を稼ぐため、生活の糧を得るために来ている。そのお金で責任を取らせることを簡単にすべきではない。

 一方で管理職の減給は仕方ないことだと思う。責任をとることが彼らの仕事だし、そのためにそれなりの給料をもらっている(とされている)からだ。もしぼくが管理職だとしても減給されることに異論はない。しかし、後輩は平社員だ。だから責任がないと言うつもりは毛頭ない。むしろ彼は重要なポジションを任されているだけに責任は大いにある。それでも、管理職と同じ処分ということには納得がいかない。
 会社は減給という重い処分に、二度と起こすなというメッセージを込めたとでも言うのだろうか。メッセージなら口で言えば分かる。彼だって馬鹿ではない。とことん叱って、とことん反省させればいい。玄関前にバケツを持って立たせてもいいし、前向きに考えるならば、対策を考えさせて全社員の前で発表してもいい。それで十分ではないか。後輩にも生活があるし、もちろん家族もいる。その家族の大切な大切な糧を奪うようなカードを安易に切るべきではない。それも明確なルールなしにだ。会社は従業員とその家族を守る義務があるはずだし、それに対して従業員は会社のために身を粉にして働らかねばならない。それが健康的な会社と従業員の関係というものだろう。

 ぼくは微力ながら、少しでも会社の雰囲気がよくなれば、社員の士気が高まればと思って努力してきたつもりだ。しかし、こんなことをされるとぼくの努力なんて簡単に吹っ飛ぶ。社員は「ミスをすれば簡単に給料を削られる」と萎縮してしまうし、そんな会社に愛情を持てなくなるだろう。ますます“不機嫌な職場”になっていく。
 ぼくは処分をするなと言っているのではない。ミスに対しては厳しく処分すべきだと思う。しかし、どんな処分をするにしても心が必要だ。思いやりと言ってもいい。とどのつまり、処分には処分する側の人間の器が透けて見える。それがどの程度の器かは社員それぞれが見極めればいいと思うが、今回、ぼくはとても残念な気がした。

 冒頭の話だが、ぼくは泣き続ける息子に対して正直に謝った。「ごめんな。お父さんが言い過ぎた。イライラしちょったんや」と。自分の器の小ささを申し訳なく思っての一言だった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)