2009年12月11日 (金)

アメイジング・ジャーニー

 手元に一枚の使われることのなかったチケットがあります。表には「THE WHO さいたまスーパーアリーナ 2008.11.16」と刷られています。イギリスのロック・バンド、ザ・フーの初単独日本公演のチケットです。一緒に見ようと大学時代の先輩が送ってくれたものです。しかし当日、ぼくはさいたまスーパーアリーナには行きませんでした。妻の体調が思わしくなかったからです。

ザ・フー:アメイジング・ジャーニー デラックス・エディション [DVD] ザ・フー:アメイジング・ジャーニー デラックス・エディション [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 その来日公演の直後に一部の都市で公開されたザ・フーの伝記映画「アメイジング・ジャーニー」のDVDを貸してくれたのは会社の後輩です。ロジャー・ダルトリーが大好きな彼女はビートルズやローリング・ストーンズと比較して著しく低い日本におけるフーの認知度に憤り、そして孤独なファンゆえに語り合える仲間を探していました。そんな彼女に来日公演が実現することを伝えると、狂喜乱舞してチケットを予約していました。彼女が見たのは横浜アリーナ公演で、行けなかったぼくにキーホルダーやポスターをお土産でくれました。前出の先輩もTシャツを送ってくれました。

 「アメイジング・ジャーニー」では1965年にデビューしたフーの歴史を振り返ります。モッズに愛されたデビュー当時。ポップ・アートやロック・オペラを経てロック史に打ち立てた金字塔「フーズ・ネクスト」。「トミー」での成功。そしてキース・ムーンの死。映画はバンドの光と影を伝えています。ピート・タウンゼントは言います、「ザ・フーとは音楽だけではない。服装、発言、態度、すべてだ。ザ・フーとは現象なんだよ」と。
 ぼくはそんなフーに心酔しました。十代の終わりごろ、フーばかり聴いていました。米軍放出のアーミーコートをまとって上京したぼくは、洋服の並木で細身のスーツをオーダーしました。リッケンバッカーも手に入れました。その米国製のセミアコースティックギターで、甘ったるいポップ・ソングを書きました。モッズを気取って、明治通りを横切りました。そんなぼくも、もう39歳です。15kgを超える贅肉をまとい、白髪も増えました。体力は落ちたし、最近のテクノロジーにはついていけません。10年以上乗ったベスパ125ET3は廃車にしました。それでも、ぼくは今もモッズです。フーがこの世の存在する限り、ぼくはモッズであり続けたい。この伝記映画を見て、そう思いました。そしてこの映画こそが、ぼくにとっての「THE WHO さいたまスーパーアリーナ 2008.11.16」だったのでした。

 妻はぼくが来日公演に行けなかったことを悔やんでいました。「今度来るときは絶対に行きよな」と言っていました。もちろん、フーが再び日本にやって来ることがあれば、絶対に見てやろうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)